認定NPO法人認可のお知らせ
                                               平成29年3月末日

認定NPO法人認可にむけてご寄付のご協力を頂いた皆さまへ
ひこばえ会員の皆さまへ

桜の花の開花宣言もあり、一歩一歩春の気配が感じられる今日この頃です。
常日頃、ひこばえの活動にご理解、ご協力頂き、深く感謝申し上げます。
先日、3月16日、群馬県から「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」として認可する旨の通知を
頂きましたこと、ご報告させていただきます。

ご協力いただいた皆さまへ、お礼と感謝の意を表したいと思います。
本当に本当に、有難うございました。

平成25年度の総会で決議し、開始した「認定NPO法人申請のための寄付集め」も、順調にはいかず、
苦戦し、この年は挫折しました。
その後、再度皆様にご協力をお願いし、平成26年度、27年度で284名の方々の応援を頂きました。
平成28年度になって、「認定NPO法人」申請のための準備として、沢山の書類をスタッフと共に作成し
ました。
やれやれと思って、仕上がった書類を県庁へ持って行くのですが、修正、加筆、訂正の繰り返しでした。
慣れない事務手続きに悪戦苦闘いたしましたが、県庁の方も根気強く応じて下さいました。
ようやくOKを頂けたのが平成28年11月28日でした。

その後、県の担当の方がひこばえ事務所へこられ、会計・帳簿書類全般、総会・定例会議事録、資料
全般、助成金申請書類全般、全ての領収書との突合せ等、ひこばえの会計の仕組み、組織の仕組み、
その書類の管理等に至るまで細やかに確認をされました。
その後も、足りない書類、記録漏れ等が出てきて、添付したり修正したり加筆したり・・・でした。
そしてようやく、この3月16日を迎えた次第です。
無事に達成できましたこと、ひこばえの将来にとっては大きな喜びとなりました。

ご寄付頂いた方々には、途中経過のご報告もせずに今日まで打ち過ぎてしまいましたこと、大変失礼いた
しました。
ご報告かたがたお詫び申し上げます。

この認定NPO法人の仕組みでは、5年後に又再審査があります。
従って、これで終わりではなく、年平均100名以上の寄付者(一人3000円のご寄附/年度)を募るこの
寄付体制は、これからも5年間、認定の再審査のために続きます。

尚、現在群馬県にはNPO法人として 874 の団体があります。そのうち認定NPO法人は13団体です。、
ひこばえは13番目の認定NPO法人になります。
まだ5年後の再審査を受けた法人は、群馬県にはないと言うことです。

今回の認定NPO法人の認可をきっかけにして、来年度から「女性と子どものいのちを守るひこばえの活動」
が大きく羽ばたいていけますよう、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

本当に有難うございました。


☆ 茂木 直子 拝 @認定NPO法人ひこばえ ☆
〒371-0018 前橋市三俣町1-4-13