女性と子どものいのちを守るぐんま支援センター

    認定NPO法人ひこばえ
登録番号第28-184号

 


  この度、ひこばえは「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」として
平成29年3月16日を以て正式に認可されました。
これは常日頃、ひこばえの活動をご理解下さり、ご寄付頂きましたお陰と、
心から感謝申し上げます。
これからも、ひこばえが継続的に、よりよい活動が続けられますよう、引き続き
ご寄付にご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

                         詳しくはこちら


        
             酉年の今年もよろしくお願い申し上げます。

 今年は、これまで行ってきた事業をしっかりと継続し、丁寧に
 活動して行くつもりです。
 
 「鳳」の語源は「大きな鳥が羽根をひろげて大空を飛び回ること」
 で、後にこの「鳳」を「かぜ」と読んだとのことです。
 私たちも「鳳(かぜ)」になって、いのちの大きな羽根を拡げ、
 世の中を飛び回りたいと思っています。

      皆々様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

              平成29年  
                             認定NPO法人ひこばえ


   東日本大震災
東日本大震災から今年の3月11日で6年が経過致します。
被災者の皆さま方は、いまだに大変な日々の連続では
ないかとお察しいたします。
早期の復旧、復興を心からお祈りいたしております。
               2017年1月1日



ひこばえで群馬県内の
「女性専用電話相談」を行っています。
  
受付開始時間が変更になりました

                 
詳しくはこちら


      
ひこばえの理念

 
ひこばえは、女性や子どもたちの一人ひとりが、自分の尊厳を保ち、

生き生きと自立して歩んでいけるような精神的、身体的な援助活動を行って

います。

子育ての悩み、家族の悩み、職場の悩み及び青少年の心の悩み等に関しては、

グループワークや、ワークショップ、研修会等を開催したり、専門の心理士による

カウンセリングを行っています。

幼児虐待、若年者の性被害、職場でのパワーハラスメント、家庭内での暴力

(DV)等に関しては、自助グループ、「暴力防止プログラム」、「女性のための

護身術」等を実施し、被害の拡大防止、教育的啓蒙活動に当たり、人間性の

回復に努めています。そして私達が平和で、この世に生を受けたことを大切に

できる社会を目指していきます。

認定NPO法人ひこばえ とは

ひこばえ(「孫生え」とも書く)とは伐った根株から出る新芽のことを
いいます。
山に出かけると倒れた木、伐った木が沢山あります。よく、その根株から
薄みどり色の芽が出ているのを見かける時があります。
自然の中で生きているものには、このように必ず再生する力があります。
人間も同じです。傷つき倒れそうになっても、この体の中には大いなる
力があります。私たちはそれを信じています。
ここに集う人たちが皆な、「自分の中の新しい芽を大切にして、新たな
出発ができますように」との祈りをもって、日々活動しています。


<NPO法人ひこばえ設立に至る経緯とお願い>


                                 経緯詳細はこちら


   

  認定NPO法人 ひこばえ

理事長  茂 木 直 子 (認定心理士・家族相談士)
    SKYカウンセリングセンター共同主宰
    米国TFI認定フォーカシングプロフェッショナル
         
     
事務局
  〒371−0018
  前橋市三俣町一丁目4−13
 Tel: 027-
215-5606 
 e-mail: hikobae@major.ocn.ne.jp
 URL http://hikobaegunma.sakura.ne.jp/

    

  賛助会員・活動会員を募集しています

アクセスカウンター